当社の「商品開発物語」

ナイフのように使える・新案「カクイナイフカッターS型」

ナイフのように使えるカッターとして最初背金の付いたL型を発売しましたが、次ぎに、細かい仕事にも使えるようにと考えから背金付きのS型を開発しました。

次はナイフカッターS型を手に持ったところです。


次は刃を出したところです。クリックすると説明写真があります。


上の写真は未使用の刃が付いているので、刃とスライダーの長さが釣り合っており、二つのスライダーもくっ付いています。

S型の開発で留意したところ
S型はL型ほど力を入れることがないと思いスライダー式にしました。(ロック機構はありません)
刃を動かすメインスライダーと、背金を動かす背金スライダーを設けましたが、折れ刃式ですから、刃を折ると短くなるので刃と背金の長さが違って来ます。

その状態でメインスライダーで刃を出すと背金だけ出て来ます。

次が、その状態を示します。


それで考えて、刃が短くなって二つのスライダーの間が空いている時にもメインスライダーを動かすだけで刃と背金が連れ立って動くようにしました。

このシステムで実用新案を申請して権利を取りました。

次は刃が短くなってからメインスライダーを操作した状況を示します。二つのスライダーの間が開いています。


次をクリックすると製品の台紙裏の説明文をご覧頂けます。


説明書に「背金が曲がる程の力を加えないで下さい。」と書きましたが、万一、背金が曲がった場合は手で真っ直ぐに直してからお使い下さい。

本体の色を3色用意しました。


L型の開発に約1200万円を使いましたが、S型にも約同じ位の開発費を使いました。

最初はブリスターパック入りでしたが、現在はビュアパック入りになっています。

替刃は造りませんでしたので、市販されているSをお使い下さい。

ご注文を頂いてお送りしたお客様から次のようなメールを頂きましたのでご紹介します。(25/12/25)
     カッターナイフですが以前使っていた他社のカッターから比べると安定感があり、握り部も
     丁度良い厚みで、上部が角形で力の加減がわかり易く極めて良い製品でした。

    背金スライダーが効果的で折れを感じさせない安定感に満足です。何度も試作した苦労が伺えます。
    紙などの薄物では、さほど違いは感じられないと思いますが、工作用などの力が必要な切削では、
    今まで使ったカッターナイフでは一番良かったです。

    職人さんが使うと『このカッターでないと』と思わせる商品でした。
    カッターは消耗品ですのでまた購入させて頂きます。
    今回はSタイプでしたがLタイプの購入も考えてます 。

     評価を頂いたken様、ありがとうございました。
値段は@500円(+消費税)です。
単価が安いため銀行前振込みの出来るお客さまに限り販売させて頂きます。(別にメール便の料金が掛かります)

L型はこちらからご覧下さい。

ご意見、ご質問はこちらへメール下さい。

商品開発物語のトップへ

ホームぺージトップへ