当社の「商品開発物語」

カクイ 電池ドリルホルダー

昭和50年代後半の頃と思います。建築現場で電池ドリルが使われるようになりました。

机に向かって作業する工場では関係ないのですが、建築現場では移動しながら作業をしますので、両手を使いたい時に電池ドリルを腰に吊り簡単に着脱出来るホルダーが欲しいと要望がありました。

最初に現れたのが化繊布製サックで、電池ドリルの電池がハンドルの尻に付くようになり、幅広のサックが現れました。

当社は金属製のホルダーの開発をしていましたので、お得意さんからヒントを頂いてハンドル尻に付いた電池ボックスを吊るようにすればよいと考えて造ったのが、この商品です。

次が電池ドリルホルダーで、左は折り畳んだ所、右が使用時の状態を示します。


次は、左がベルトに付けた所、右が使用した状態を示します。


発売後、永い間10000ロットで何回も製造しており、沢山のご利用を頂きました。
ご使用の場合、パッケージ台紙裏に説明書がありますので、それをよくお読みになってお使い頂きたいと思います。

→次は、電池ドリルホルダーです

ご意見、ご質問は商品名をお書きの上こちらへメール下さい。

工具ホルダーのトップへ

ホームぺージトップへ