こだわりのいっぴん

越後三条の名工 初弘の鉋


24/1/27 4枚アップしました。


このページは、越後三条の名工 初弘の主に古い製品で販売出来る製品をご紹介するページです。

左の写真をクリックすると大きな写真をご覧頂けます。
初弘その2『▲初弘』寸八刃・裏金付き(23/7/9)即日売り切れ
これも珍しい▲初弘で、初弘の特徴ともいうべき銘の下の花王がない珍しい作品です。初代から二代に掛け、単なる初弘は白紙、▲は青紙、磨きは東郷鋼を使っていました。何時頃の作品か確かなことは解りませんが、非常に古い製品だと思います。火花試験では青紙系とのことです。刃の長さ約7.85センチです。その1と同じように刃の拡大写真では鋼鍛接部が波打っていますし、鋼境にもゴマが多くさん付いています。次で拡大写真が御覧戴けます。--

初弘その3『初弘』寸六刃だけ(23/7/9)23/12/25売れ切れ
これも古い作品ですが、恐らく二代だと思います。これは火花試験では青紙系とのことです。刃の長さ約7.2センチですが切刃のように鋼はしっかりしています。
次で拡大写真が御覧戴けます。-

初弘その4『初弘』寸八刃だけ(24/1/27)25/5/16売り切れ
古い作品だと思います。この作品の特徴は刻印、花押ともに大きいことで、恐らく二代だと思います。
薄削りに使われたらしく研ぎ角度が寝ています。
火花試験では青紙系とのことです。
刃幅72ミリ強、長さ約9.1センチです。
値段はお問い合わせ下さい。次で拡大写真が御覧戴けます。

初弘その5『初弘』寸八・共裏付刃だけ(24/1/27)24/1/28売り切れ
薄造りで、古い作品だと思います。特徴は共裏であること、花押は大きいが、初弘の刻印が非常に小さくいことで、恐らく二代だと思います。
火花試験では初弘の人気の元となった白紙系とのことです。
刃幅72ミリ強、長さ約9.1センチです。(その4と同サイズ)
値段はお問い合わせ下さい。次で拡大写真が御覧戴けます。--

初弘その7『初弘』寸八・刃だけ(26/03/02)27/4/9売り切れ
薄造りで、古い作品だと思います。特徴は花押は大きく、初弘の刻印がハッキリしていることはその6と同じようですが、登録番号が崩れていること、頭の入った所で厚みが7.8ミリで薄い造り込みから、時代が上がり、初代か二代の作品だと思います。火花試験では青紙系とのことです。
刃幅71.5ミリ、長さ約9センチ強です。
値段はお問い合わせ下さい。次で拡大写真が御覧戴けます。---厚み

初弘その8『初弘』寸八・裏金付刃だけ(26/03/02)翌日売り切れ
特徴は、初弘銘の刻印が使い込まれて小さ目で、上の登録番号の刻印は減っています。やや厚みがあるので二代目の後期の作品ではないでしょうか。他の作品もそうですが、鋼境がのたれておりゴマがあります。火花試験では青紙系とのことです。
刃幅72.5ミリ、長さ約10センチです。古い作品の割に長さはまだあります。
値段はお問い合わせ下さい。次で拡大写真が御覧戴けます。裏拡大---


初弘その6『初弘』寸六・裏付刃だけ(26/03/02)更新掲載
薄造りで、古い作品だと思います。特徴は登録番号が非常にハッキリしていること、花押は大きく、初弘の刻印がハッキリしていることで、恐らく二代だと思います。
ウブ出しのままで砥いでないので鋼の種類は解りません。
刃幅66ミリ強、長さ約8センチ強です。
値段はお問い合わせ下さい。ご希望により研磨も致します。次で拡大写真が御覧戴けます。--

初弘その9『初弘』寸八・刃だけ(26/03/02)
特徴は、初弘と下の花押が曲がっており、上の登録番号の刻印はハッキリしています。鋼が白紙系なので二代目の早い時期のものと想像します。他の作品もそうですが、鋼境がのたれておりゴマがあります。火花試験では白紙系とのことです。
刃幅71.5ミリ、長さ約7.2センチです。
値段はお問い合わせ下さい。次で拡大写真が御覧戴けます。--


初弘の刻印は種類が非常に多く、どれが何時の時代かまだ正確には解りません。
どの刻印の作品がどのような切れ味か勉強したいと思っておりますのでお求め下さいましたお客様からご感想を頂ければ有難いと思っております。

初弘については次のページをご覧下さい。こちらからお入り下さい。

ご注文、ご要望は商品名をお書きの上こちらへメール下さい。

鉋のトップへ

トップへ

ホームページへ