こだわりのいっぴん

関川誠吉作「関孫六」鉋


私の仕上直しの鉋のページで、今までに関孫六の鉋を何枚も販売しましたが、とてもよく切れるとの評価が届いていました。

また、「販売店から買い戻した鉋」に掲載していた未使用の関孫六を、熱烈な関孫六ファンのお客様がお求めになりました。
その方のお話では、70歳代のお二人の先輩の大工さんが、関の孫六という鉋は物凄く切れたと言われるので、自分も欲しいとおっしゃってお申し込みを頂き、次でご紹介していた未使用の鉋をお求めになったのです。(この鉋は「関林作」の刻印がまだ減っていないことから先代の作品と考えていました)

それをお使いになって直ぐ、「もの凄い切れ味」だと絶賛を頂いたのです。

この度、このページで新作をご紹介したら、早速、ご注文を頂きましたので、使われたらご感想を頂きたいとお願いしていたんですが、本日メールを頂き、これはもまた素晴らしい切れ味であること、かえって前の品よりも切れるかも知れないとのご連絡が入りました。(20/9/07記)

今までに販売した関孫六を次にご紹介していますのでご覧頂けます。こちらからご覧下さい。

このページの鉋は、関川誠吉さんから昔のままの関孫六を製作して頂いたものです。
鋼は青紙1号で、地金はナマ地で、裏金に刻印はありませんが、共裏です。

次は関孫六の銘の拡大写真です。左下の刻印は「越之住人 関林作」で、初代の関川林吉以来の刻印です。


次は裏です。


次は表です。


鉋の値段はお問い合わせ下さい。

お問い合わせとご注文はこちらへメールでお願いします。

鉋のトップへ

ホームページのトップへ