こだわりのいっぴん

仕上げ直しした鉋


このページでは、錆びた古鉋に費用を掛けてを仕上げ直ししたものをご紹介します。
(なお、お手持ちの鉋を仕上げ直しするご希望があれば2200円+消費税でさせて頂けます)

     使用した鉋を仕上げ直しをしたために短くなっていますので全長を表示しています。      ご希望により、台打ちを致しますので値段などはお問合せ下さい。      普通口か包み口、直使いか完全直使い、柾か追い柾、白樫のままか油台かご指定頂けます。      刃の勾配は8分が普通ですが、削る材料によりご希望の勾配で仕込ませて戴きます。 送料は5000円+消費税以上当社持ち、未満は800円+消費税が掛かります。      代引きをご希望の場合は1万円未満300円+消費税、1万〜3万円未満400円+消費税、3万〜10万円未満600円+消費税が掛かります。

お客様の声、
○すみだ川をお送りしたら、翌日の晩にお客様から「到着したので、早速仕込んで試したら7ミクロンが出ました。」とご連絡がありました。
○以前、三代三郎をご注文下さった方からは「お父さんが三代三郎の鉋は切れる、と言っていた。」とのことでした。
○関孫六をお買い上げの方からは「杉のシラタがよく切れた。」と御連絡がありました。
関孫六では他の複数の方から「よく切れた」とご返事戴いています。
○銭形平次をお求めの方から追加でご注文を頂いた時に、とても気に入っていると仰って頂きました。
○『是友・乱れ刃』寸6をお求めの方から早速仕込んで使ったらミクロン一桁代の削り華が出たとご連絡頂きました。
◎その他、多数のご評価を頂いています。

3〜7ミクロンの削り華
このページからお買上げ頂いたお客様から、薄削りの実績を示す写真を沢山頂きましたので掲載させて頂きました。
1枚鉋で仕込んで削った、3〜7ミクロンの削り華画像です。
全て、このページに掲載してお買上頂いた鉋です。

左の写真をクリックして「仕上直しの鉋の切れ味について」でご覧頂けます。


『雲龍の図、源蒼龍銘寸八裏金付鉋刃』(28/9/30-1)29/1/10売り切れ
大きな雲龍図の刻印で、左下に源蒼龍と刻印のある寸八裏金付の鉋刃です。三木市の蒼龍刃物、田中正一郎さんの作品と思われます。表の上に松◇の中に彦とあり、右側に特級スウェーデン鋼とありす。
砥ぎ直しの時の火花試験では、青紙系とのことです。全長は約19.7センチです。
値段は4200円+消費税です。
左の写真と次をクリックすると拡大写真が御覧頂けます。--

『一平寸八裏金付鉋刃』(28/9/30-2)
一平印の寸八裏金付の鉋刃です。銘の下に土牛刃物と刻印があり、土牛産業さんの大昔の作品のようです。切刃の鋼境緩く波打っています。
砥ぎ直しの時の火花試験では、白紙系とのことです。全長は約7.6センチです。
値段は3800円+消費税です。
左の写真と次をクリックすると拡大写真が御覧頂けます。- -

『土牛寸八裏金付鉋刃』(28/9/30-3)30/1/23売り切れ
土牛銘の寸八裏金付の鉋刃です。『一平寸八裏金付鉋刃』よりは新しいでしょうが、時代が上がる作品と思われます。切刃の鋼境緩く波打っています。
砥ぎ直しの時の火花試験では、白紙系とのことです。全長は約9.4センチです。
値段は3800円+消費税です。
左の写真と次をクリックすると拡大写真が御覧頂けます。- -

『重幸寸六裏金付鉋刃』(28/9/30-4)29/1/10売り切れ
重幸銘の古い感じの寸六裏金付の鉋刃です。裏金は穴の開いた時代物です。切刃の鋼境は鍛造した証しで細かく乱れています。
砥ぎ直しの時の火花試験では、白紙系とのことです。全長は約10.8センチです。
値段は3500円+消費税です。
左の写真と次をクリックすると拡大写真が御覧頂けます。--

『星兜寸六裏金付鉋刃』(28/9/15-2)
星兜銘の寸六裏金付の鉋刃です。切刃の鋼境は鍛造した証しで良く乱れており、鋼の両端が少し巻き上げてあります。割と綺麗な状態です。
砥ぎ直しの時の火花試験では、白紙系とのことです。全長は約10.7センチです。
値段は3800円+消費税です。
左の写真と次をクリックすると拡大写真が御覧頂けます。-

『未使用・祐□寸六鉋刃』(28/9/15-3)
薄造りで古い感じの祐□銘の未使用の寸六の鉋刃です。□の文字が読めません。薄錆があったのを綺麗に砥ぎ直して貰いました。但し、鋼種類は記録がありません。頭の厚み7.1ミリで薄い造りです。切刃の鋼境は鍛造した証しで乱れています。未使用品ですが、古い作品で、一品物のため、このページに掲載しました。
全長は約12センチです。値段は4500円+消費税です。
左の写真と次をクリックすると拡大写真が御覧頂けます。--厚み

『初国』寸六裏金付鉋刃(28/4/19-1)28/7/28売り切れ
初国銘の鉋は時々見掛けますが、普段と違う刻印が使われており、非常に古い感じの作品です。何時もの作品は三条の初弘系の感じですが、これは少し違った雰囲気があります。
研ぎ直しの時の火花試験では白紙系とのことです。全長約11.25センチあります。
値段は6000円+消費税です。次で拡大写真が御覧戴けます。 --

『初国』寸六鉋刃(28/4/19-2)29/11/2売り切れ
この初国銘は時々見掛けるものです。何となく三条の初弘系の感じがします。
研ぎ直しの時の火花試験では白紙系とのことです。全長約11.5センチありますので新品に近いと思います。
値段は5300円+消費税です。次で拡大写真が御覧戴けます。 -

『一弘』寸六鉋刃(27/11/20-1)28/8/23売り切れ
右に「正宗の魂」、中央に「丸に重ね違い鷹の羽の紋所、一弘、花押」左下に「日本鋼」と刻印がある寸八鉋刃です。新潟県三条の永弘、初弘系の雰囲気があります。
研ぎ直しの時の火花試験では青紙系とのことです。頭には叩いた跡がないので未使用品と思います。全長約11.3センチあります。
値段は7000円+消費税です。次で拡大写真が御覧戴けます。 --

『寿弘』寸八鉋刃(27/11/20-2)
登録、中央に「丸に十字の紋所、寿一弘、花押」左下に「?」読めません、の刻印がある寸八鉋刃です。
研ぎ直しの時の火花試験では青紙系とのことです。全長約9.7センチあります。
値段は4500円+消費税です。次で拡大写真が御覧戴けます。 --

『正弘』寸八鉋刃(27/11/20-3)
登録商標、中央に「正弘」と刻印がある寸八鉋刃です。仕入れ先が福島県でした。
研ぎ直しの時の火花試験では白紙系とのことです。全長約11.6センチあります。使われていますが、長さは新品クラスです。
値段は6000円+消費税です。次で拡大写真が御覧戴けます。 --

『徳弘』寸八鉋刃(27/11/20-4)
瓢箪模様の鎚目跡、中央の小さ目の小判櫃に「徳弘」、左下に「村雲昨」と刻印がある寸八鉋刃です。
研ぎ直しの時の火花試験では白紙系とのことです。頭には叩いた跡がないので未使用品と思います。全長約11.3センチあります。
値段は7000円+消費税です。次で拡大写真が御覧戴けます。 --

今回は、銘に龍の文字の入った鉋を選んで7点を掲載しました。
その1、銘に「龍」のある鉋
『龍久』寸八鉋刃(27/7/1-1)28/7/28売り切れ
龍久銘の寸八鉋刃です。
研ぎ直しの時の火花試験では青紙系とのことです。全長約10.3センチです。
値段は6000円→5400円27/1/20値下げ+消費税です。次で拡大写真が御覧戴けます。 --

その2、銘に「龍」のある鉋
『東龍』寸八裏金付鉋刃(27/7/1-2)
東龍銘の寸八裏金付鉋刃です。
研ぎ直しの時の火花試験では青紙系とのことです。全長約8センチです。裏金は購入時に付いていましたが、幅が通常より少し狭いようです。
値段は3000円→2700円27/1/20値下げ+消費税です。次で拡大写真が御覧戴けます。 裏拡大---
その4、銘に「龍」のある鉋
『龍鬼』寸八裏金付鉋刃(27/7/1-4)
龍鬼銘の寸八裏金付鉋刃です。
研ぎ直しの時の火花試験では青紙系とのことです。龍図の左下に福之謹製の刻印があります。全長約9.6センチです。
値段は6500円→5900円27/1/20値下げ+消費税です。次で拡大写真が御覧戴けます。 裏拡大---

その5、銘に「龍」のある鉋
『龍源』寸八裏金付鉋刃(27/7/1-5)
龍源銘の寸八裏金付鉋刃です。
研ぎ直しの時の火花試験では青紙系とのことです。全長約9.4センチです。
値段は5000円→4500円27/1/20値下げ次で拡大写真が御覧戴けます。 裏拡大---

その6、銘に「龍」のある鉋
『青龍』寸八裏金付鉋刃(27/7/1-6)
青龍銘の寸八裏金付鉋刃です。青龍の右下に本銘らしい大きな文字刻印がありますが読めません。左下に鉄翁と刻印があります。
研ぎ直しの時の火花試験の記録し忘れて不明です。全長約7.1センチです。
値段は3000円→2700円27/1/20値下げ+消費税です。次で拡大写真が御覧戴けます。 裏拡大---
その7、銘に「龍」のある鉋
『水龍』寸八裏金付鉋刃(27/7/1-7)
水龍銘の寸八裏金付鉋刃です。小さな刻印ですが、水龍銘と思います。左下に笠模様に丸印3つの刻印があり、古い感じの製品です。
研ぎ直しの時の火花試験では白紙系とのことです。全長約9.3センチです。
値段は3500円→3200円27/1/20値下げ+消費税です。次で拡大写真が御覧戴けます。 裏拡大---

次は、銘に日本の各地名を表示した鉋を選んで5点を掲載しました。残り3点
その1、北海道の山の名前
『北海冨士』寸六(27/4/1-1)
北海冨士銘の寸六鉋刃です。北海道に富士山に似た山が幾つかあり、それらを北海冨士と言うそうです。
研ぎ直しの時の火花試験では青紙系とのことです。全長約11.4センチです。
値段は3600円+消費税です。次で拡大写真が御覧戴けます。 -

その2、福島県の山の名前
『磐梯』寸六裏金付(27/4/1-2)
山の絵をバックにして磐梯と銘のある裏金付の寸六鉋刃です。福島の磐梯山は余りにも有名です。構図から三木の作品のように感じます。
研ぎ直しの時の火花試験での記録なし。全長約9.8センチです。
値段は4800円+消費税です。次で拡大写真が御覧戴けます。 -

『寛光弘』寸八共裏金付(27/1/29-1)29/9/16売り切れ
寛光弘銘の共裏金付の寸八鉋刃です。左下には二代目長雲斎光弘作とあります。
研ぎ直しの時の火花試験では青紙系とのことです。全長約9.4センチです。
値段は3600円→3200円+消費税です。売り切れ
次で拡大写真が御覧戴けます。 裏拡大---刃横

『茂光正』寸八裏金付(27/1/29-2)
茂光正銘の寸八裏金付鉋刃です。左下に東住人と刻印があります。
研ぎ直しの時の火花試験では青紙系とのことです。全長約9.2センチです。
値段は3600円→3200円+消費税です。27/4/8値下げ
次で拡大写真が御覧戴けます。 裏拡大---刃横

『日本海』寸六(27/1/29-3)29/11/24売り切れ
日本海銘の寸六鉋刃です。日本海は三条の古くからの大工道具専門の問屋銘です。
研ぎ直しの時の火花試験では青紙系とのことです。全長約9.15センチです。
値段は3000円→2700円+消費税です。27/4/8値下げ
次で拡大写真が御覧戴けます。 --刃横

『一文字』寸六裏金付(27/1/29-6)28/8/8売り切れ
一文字という銘の寸六裏金付鉋刃です。上に菊水模様、下に花押がありす。錆が年月を経ているようで錆落しをしても中々綺麗にならず、年月を感じました。錆、刻印、その他の雰囲気から戦前の作品のように感じました。
研ぎ直しの時の火花試験では青紙系とのことです。全長約10.4センチです。
値段は3500円→3200円+消費税です。27/4/8値下げ
次で拡大写真が御覧戴けます。 裏拡大---刃横

三木のかっての名工、土牛製の鉋を5点掲載しました。残り1点。それぞれ特徴あり、製作時代に差があると思われます。
『土牛』寸八裏金付(26/12/20-5)
土牛寸八裏金付鉋刃です。表によく見掛る70m/mと打たれております。鋼は薄く造りです。
研ぎ直しの時の火花試験では青紙系とのことです。全長約8.8センチです。
値段は4000円→3600円+消費税です。27/4/8値下げ
次で拡大写真が御覧戴けます。 裏拡大---刃横

『左久弘』寸六裏金付(26/9/17-3)
左久作寸六裏金付鉋刃です。銘の上には葉模様の紋所があり、登録商標は両脇の外れに小さな刻印で、左下に日本鋼とあり、裏金など、どれを見ても時代を感じさせる雰囲気です。
研ぎ直しの時の火花試験では白紙系とのことです。全長約6.4センチ強です。
値段は7800円→7000円+消費税です。27/4/8値下げ
次で拡大写真が御覧戴けます。 裏拡大---刃横
『天廣近』寸六(26/9/17-4)
天廣近寸六鉋刃です。天の文字から国弘系が伺われます。
研ぎ直しの時の火花試験では白紙系とのことです。古い感じがします。全長約10センチです。
値段は7800円→7000円+消費税です。27/4/8値下げ
次で拡大写真が御覧戴けます。 --刃横

『助成』寸六(26/9/17-5)
助成寸六鉋刃です。割と長さがあります。
研ぎ直しの時の火花試験では白紙系とのことです。古い感じがします。全長約10.3センチです。
値段は6800円→6200円+消費税です。27/4/8値下げ
次で拡大写真が御覧戴けます。 --刃横

『市弘』寸八裏金付鉋刃(26/7/17-3)
登録商標、市弘の寸八裏金付鉋刃です。
研ぎ直しの時の火花試験では青紙系とのことです。全長約10.2センチです。
値段は11000円→9900円+消費税です。27/4/8値下げ
次で拡大写真が御覧戴けます。 裏拡大--

『冨光』寸六裏金付鉋刃(26/7/8-4)
中央に大きな刻印で冨光とあります。よく見掛る鉋ですが、三条製ではないかと思います。
研ぎ直しの時の火花試験では白紙系とのことです。全長約11.4センチです。砥上げてから何年か経ち、切刃部に僅かですが錆が出てしまいました。
値段は3300円→3000円+消費税です。27/4/8値下げ
次で拡大写真が御覧戴けます。 裏拡大---

お客様のご希望で白紙使用の寸八・残り1点
個性的な意匠の寸八割安品・残り2点(26/2/21)
『勝国』寸八鉋刃(26/2/21-2)
小判型の櫃の中に勝国とある古い感じの寸八鉋刃です。昔の船大工さんの道具の中にあったもので、切銘の大久は前の持ち主が切られたものと思われます。
研ぎ直しの時の火花試験では白紙系とのことです。全長約9.3センチです。
値段は4000円→3600円+消費税です。27/4/8値下げ
次で拡大写真が御覧戴けます。 -

『正弘』その1寸八鉋刃(26/2/21-4)29/1/10売り切れ
中央に正弘とだけある寸八鉋刃です。造り込みはガッチリしていますが、雰囲気は古い感じがします。
研ぎ直しの時の火花試験では白紙系とのことです。全長約9.9センチです。
値段は4000円→3600円+消費税です。27/4/8値下げ
次で拡大写真が御覧戴けます。 -

『∧正』寸六鉋刃(26/1/23-3)
山笠の下に正と銘のある寸六鉋刃です。薄い造り込みで、頭の叩いた跡の返りの下で約5.7mmしかありません。同銘の鉋を何枚か所蔵していますが、ほとんど下駄屋道具と一緒に購入しています。
昔、下駄屋職人さん全盛の頃に人気を取った東京の職人さんのようです。これも柔らかい桐などを削るため刃角度が鋭利に砥がれています。柔らかな木を削る方に向くと思われます。
研ぎ直しの時の火花試験では白紙系とのことです。全長約7センチです。
値段は5000円→4500円+消費税です。27/4/8値下げ
次で拡大写真が御覧戴けます。 -
『利光』寸八鉋刃(26/1/22-1)29/9/16売り切れ
大きな格子状の枠に利光とある寸八鉋刃です。左下の銘は名人鍛一まで読めますが、その下端読めません。昔の製品のようで凄く錆びていたのを手入れしましたが、表に取り切れなかった錆が鋸っています。
研ぎ直しの時の火花試験では白紙系とのことです。全長約10.7センチです。
値段は5000円→4500円+消費税です。売り切れ
次で拡大写真が御覧戴けます。 裏拡大--

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下、売り切れ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『初行』寸六裏金付鉋刃(26/1/23-1)26/2/4売り切れ
初弘と雰囲気の似た造り込みの寸六鉋刃です。実際の幅は寸六としてはやや狭い目の63mmです。裏金は使い込んで角が取れています。初行は、初代初弘の養子になり、跡継ぎになるべく指導を受けますが、後に独立して初行銘で人気を取ります。 二代初弘と佐藤巳弥冶さんの実の兄弟で、金井芳蔵とも兄弟弟子です。初行については次のページに説明していますのでご覧下さい。こちらお入り下さい。
研ぎ直しの時の火花試験では青紙系とのことです。全長約9.2センチです。
値段は18900円です。次で拡大写真が御覧戴けます。 裏拡大--

『村重』寸六裏金付鉋刃(25/5/6-6)25/9/12売り切れ
村重とあり左下に和鉄とあります。和鉄が柔らかいため頭の減りが大きかったかも知れません。薄造りです。 研ぎ直しの時の火花試験では白紙系とのことです。全長約9.4センチです。
値段は4200円→3680円です。次で拡大写真が御覧戴けます。裏拡大--
9/16お客様の声
「頭の片ダレを鑢で整え、グラインダーでまくれを取り 鑢で摺り直し 黒染めしました。
研ぎ角も鋭角過ぎたのを適度に直しました。 台打ちしるのが楽しみな鉋です。」写真はこちらから
『義廣』寸六裏金付鉋刃(25/9/2-2)25/10/3売り切れ
義廣銘の上に何時もの文様があります。表は鎚で叩いた跡がそのまま残っています。
火花試験では白紙系だとのこで、義廣は玉鋼を使ったそうですので合っています。
研ぎ直しの時の火花試験では白紙系とのことです。全長約8.15センチです。
値段は29400円です。次で拡大写真が御覧戴けます。 裏拡大--

『一郎』寸八鉋刃(25/5/26-2)25/5/26売り切れ
中央に一郎、下に花押があり、左下に包金舎鍛とあって、カエサキ下の鋼中に423767と数字が打たれています。一郎は三木の名工と聞いたことがあります。
非常に薄造りなので時代が上がると思われます。ゲージで測った画像も掲載しました。です。 未使用品ですが、錆があったので研ぎ直してもらったため、このページに掲載しました。
研ぎ直しの時の火花試験では青紙系とのことです。全長約11.3センチです。
値段は10500円です。次で拡大写真が御覧戴けます。 --厚さ
◎お客様の声 お買上頂いたお客様の削り華をご覧頂けます。こちらから
『直行』寸八裏金付鉋刃(25/3/1-1)25/4/17売り切れ
この鉋は初弘の作品だと思います。しかも相当に古い作品で東京の有名問屋さん銘で納めた作品のようで珍品だと思います。
研ぎ直しの時の火花試験では青紙系とのことです。全長約11.2センチありますので一裏使った程度ではないでしょうか。
値段は21000円です。次で拡大写真が御覧戴けます。 裏拡大-
◎お客様の声 直使いの台打ちしてお送りした直後、試し削りで6〜7ミクロン出て
その後5ミクロンが出たとご連絡を頂きました。次のページでご覧頂けます。こちらから
『都志郎』寸八裏金付鉋刃(25/1/21-2) 25/4/9売り切れ
銘は○の中に新、都志郎、下に花押の刻印があり、作切で右に日本鉄、左下に玉鋼と切られています。切刃の地鉄に模様があるのはナマ地を使っているからです。
研ぎ直しの時の火花試験では鋼は青紙系とのことです。
刃長さは約10.5センチです。
値段は8400円です。次で拡大写真が御覧戴けます。 裏拡大--
◎お客様の声お買上頂いたお客様の削り華をご覧頂けます。こちら


鉋のトップへ

トップへ

ホームページへ