こだわりのいっぴん

田斎作「木目鍛え二枚作里」


現代では機械化が進んだため、鴨居、敷居共機械で作(さく)ることが当たり前になって、昔からの作里鉋が売れなくなりました。

ところが、古くからのお客様から木目鍛えの極上の二枚作里を作って欲しいとご注文を頂きました。

1寸を田斎さんから特注で製作して頂いて納入させて頂きましたが、すばらしい製品になりましたので、ご紹介させて頂きます。
なお、お客様は宮大工さんとのことで、現在も1寸の二枚作里を実際にお使いになるとのことです。

次の写真をクリックすると各拡大写真をご覧頂けます。


非常に高価ですが、ご興味のあるお方は品名をお書きの上、お問い合わせ下さい。

ご意見、ご質問はこちらへメール下さい。

小鉋のトップへ

ホームページへ