こだわりのいっぴん

スワヨコウチ伊勢吉両刃鋸


伊勢吉は長田姓で、近代の諏訪鋸では一番伝統のてある鋸鍛冶だったようです。

現在でも替刃式鋸を製造している諏訪のメーカーの方にお聞きしたところ、「伊勢吉とか春永とかの昔からの有名な方は早くに鋸の製造を止めてしまいましてね。」とおっしゃって居ました。

産業文化史「鋸」(平沢一雄著)に諏訪の鋸鍛冶の弟子筋の系譜が掲載されていますが、その最初に、この長田伊勢吉が載っています。
次ぎがその系譜です。ここからお入り下さい。

この鋸のビニール包装か古風なので、相当に古い鋸だと思います。

次のように竹中大工道具館の所蔵品に載っています。


今回販売出来る伊勢吉の両刃鋸の全てです。


次はその銘ですがスワヨコ内は春永にもありましたが諏訪横内の意味だと思います。


マチ表に「スワヨコ内」中央に「登録商標マルイ□□伊勢吉」マチ裏の銘は中央に右に「信州スワ」中央の大きく「一等賞」左下に「特」と刻印されています。表銘の伊勢吉の上の□□が現在読めません。これは解り次第にお知らせします。
「一等賞」は、恐らく、どちらかの展覧会で一等を受賞されたものと思われます。

伊勢吉    値段 在庫18/12/29    
9寸紙包装  5250円    1   →0(19/02/17)
8寸ビニ袋入 6300円    3    →0(19/06/09)
8寸紙包装  6300円    3    →0(20/02/22)
尺ビニ袋入  8400円      7   →0(21/01/28)
ビニ包入の品から先に販売します。紙包装の品は少し錆があります。
全籐巻か桐柄をお付けしますのでご希望をお知らせ下さい。
なお、品代金が5250円未満の場合は送料が840円掛かります。代引き代は1万未満+315円です。

お問い合わはこちらへメールでお願いします。

両刃鋸のトップへ

ホームページのトップへ