こだわりのいっぴん

広田仲蔵両刃鋸


この広田仲蔵鋸は大坂の大工道具専門だった問屋さんから仕入れました。

三木の鋸なのですが、メーカー銘か問屋銘か解りませんでしたが、先週(18/12/1)に、三木に出張したついでに三木市金物館を見学して来ました。
さまざまな大工道具が展示されている中に、この「広田仲蔵」の鋸も展示されていました。
ですから、この職人さんは有名な方で、この銘が本銘であることが解りました。

三木の鋸職人の系譜の記録がないかとお尋ねしたんですが、鑿についてははあるが、鋸については残念ながらありませんとのことでした。

当社のお得意さんで鋸について非常に詳しい目立て屋さんが、この鋸をお見られて「とてもしっかりした作り込みで、目立ても良い。」とおっしゃって、8、9寸をお買い上げ下さいました。

更に、i三木の鋸に詳しい人から、広田仲蔵はお宅が考えているより高級な品だと思いますよ、と教えて頂きました。
竹中大工道具館にも多数所蔵されているとのことでしたので資料を探していたら、見付かりましたのでアップしました。

竹中大工道具館収蔵品目録第一号-鋸編-、に所蔵品として次のように掲載されています。


広田仲蔵両刃鋸の包装状態です。


広田仲蔵両刃鋸の9寸(240ミリ)です。


銘は刻印が見難いですが、「カネ広 廣田仲蔵」とあり、裏には「カネ広特選」とコミに「使用目」と刻印されています。
        値段 在庫18/11/16          
9寸布巻包装 7350円      10       →0(22/07/04)売り切れ
尺布巻包装  7350円               →0(22/11/16)売り切れ
9寸紙袋包装 7350円               →0(23/02/19)売り切れ

紙袋包装が古い製品だと思います。
 
全籐巻か桐柄をお付けしますのでご希望をお知らせ下さい。
他に、紙袋入りの9寸が3枚ありますが、布鋸巻き包装の品が売れてから販売します。
お問い合わはこちらへメールでお願いします。

両刃鋸のトップへ

ホームページのトップへ