こだわりのいっぴん

中屋仁左衛門両刃鋸



私が店に入った頃、越後の鋸鍛冶と言えば三条と三島郡脇野町のものが圧倒的に多く、当社も脇野町の職人さん3人と懇意な取引をしていました。

脇野町の鋸は会津の中屋重左衛門の弟子の中屋庄兵衛が発祥だったそうですが、仁左衛門はその系統の人で、最後の方は親の後を継ぐに際して信州諏訪の真藤勝雄に弟子入りしているそうです。

鋸が売れていた頃、仁左衛門と言う鋸が出来が良くて、値段もそこそこなのでということで人気が出ていました。
諏訪で修行された息子さんの時代になって機械仕上げが順調に推移して来た頃からではないかと想像しています。

詳しい資料が手に入りましたのでお知らせします。
「脇野町鋸師弟系譜」(脇野町鋸工業組合・三島町商工会刊・昭和51年10月15日発行)によると次ぎのようになります。
                                                中屋庄兵衛
                                 (会津若松の中屋重左エ門に師事・天保13年開業)
                                                    |
                        大矢 佐助
                  (庄兵衛の3番弟子で嘉永三年柏崎で創業)
                                                    |
                        大矢 惣吉                                                
                       (初代 柏崎)
                                                    |
                        大矢 惣吉
                        (二代 柏崎)
                                                    |
                        相沢 権吉
                     (大矢二代の一番弟子)
                                                    |
                        中川 一男
                  (相沢の二番弟子・昭和22年創業)
                                                    |
                        中川 良一
                  (一男の直系・真藤勝雄で修行)
上記の資料の巻末に「脇野町鋸工業協同組合」の名簿にも
工場名「株式会社中仁鋸製作所」
代表者名「中川一男」
代表作銘「中屋 仁左衛門」と記入されています。

次ぎは購入した時のままで、右のビニ袋は真っ黒になったので画像処理してあります。


上の写真の一番右の銘がある、ビニ袋入の拡大写真です。

次ぎは、その写真です。


銘がある製品があまりに綺麗なのでご紹介します。


右から2番目、無銘ですが、コミにマル仁の刻印があり、銑仕上です。


右から3番目、包装紙に「仁」と書き込みがあり、銑仕上げです。


右から3、4番目尺、尺一は袋接ぎのような接ぎ方をしており、手仕上が良く解ります。上の仁マークの品は溶接です。


右から3番目と4番目の包装紙の日時で、この頃は、まだ両刃が売れていた頃です。


仁左衛門無銘両刃鋸
在庫           値段      (23/2/24) 
左から2番目マル仁刻印尺 5000円+消費税    11 → 10(23/3/3)
右から3番目尺            4000円+消費税       10
右から4番目尺1         4000円+消費税       10
右のビニ袋入はサンプルのため非売品です。
お買上げ時に限り
鋸柄をお見積りします。桐柄か全藤巻柄か、同送でよいか、仕込んだ方がよいかご指示頂きたいと思います。

鍛冶屋目の本目立てになっていますが、 正式な本目立てをご希望でしたら1800円+消費税でお受けします。(再目立ての場合は2400円+消費税です)


お問い合わは品名をお書きの上こちらへメールでお願いします。

両刃鋸のトップへ

ホームページのトップへ