こだわりのいっぴん

佐藤長一郎両刃鋸



私が商売に入った頃、伊之助より高く値を付けておられた、別の系統の職人さんが、私の知る限り4人おられまして、それが山口介左衛門、五十嵐万吉、大場正一郎、佐藤長一郎でした。

佐藤長一郎さんとはお付き合いはありませんでしたが、お見かけした事はあり、職人さんのイメージとは違った学者のような感じの方だと記憶しています。
昔から、硬い鋸として評判を取っていました。
佐藤長一郎さんについては三条金物ニュースの記事を引用していますので こちらからご覧下さい。
    硬い鋸についてお問い合わせを頂きましたのでご説明致します。
  刃物は硬ければよく切れますが、昔からの鋸は焼入れしてから目立てをしますので鑢が掛る程度の硬さにしか硬度を上げることが出来ません。
  ですから、鑢が掛る範囲で出来るだけ硬くするということは良く切れる鋸の目標でもあったと思われます。
  佐藤さんはそれを忠実に実行なさり、鑢が掛る限界の硬さに挑戦なさったのではないかと想像しています。
  昔から長一郎の鋸は硬いが良く切れるということで有名で、沢山のファンがおられましたので、まっすぐに引いてさえいれば切れ味を十分に
  堪能頂けるものと思っています。
この度、古くからの大工道具の高級品をお扱いの専門店から大量に購入することが出来ましたので、当社で標本として残す以外の品を全品販売致します。

この度、販売出来る全品の写真です。


次は9寸の拡大写真です。


次は銘の部分の拡大写真です。


マチの銘の下方に御幣を打ち、裏には佐藤長一郎、三条市の刻印があります。
コミの番号は製品番号のようです。
仕上げは手仕上げでセンで手鋤きして、モロテ掛けになっています。モロテ掛けについてはこちらご覧頂けます。
袋入の状態もとても良く、中身は防錆紙に包装されていますので錆びは全くありません。
尺袋純正   4枚→ 売り切れ(22/09/13)
尺1袋ナシ     2枚→ 売り切れ(24/12/28)
9寸袋純正   8枚→ 売り切れ(25/03/29) 
尺 袋純正   1枚→ 売り切れ(25/10/01) 
尺(9寸目)袋無 1枚→ 売り切れ(26/12/24)
尺1袋純正  11枚→ 売り切れ(27/08/20)
全品売り切れました。

お問い合わはこちらへメールでお願いします。

両刃鋸のトップへ

ホームページのトップへ