こだわりのいっぴん

中屋米三郎両刃鋸



米三郎は近藤米雄の製品で昭和28年に創業しており、その系譜は次のようです。

伊之助
(5代目・慶応元年生れ)

渋木貞五郎
(初代・大正8年創業)

中屋米三郎
(近藤米雄・昭和28年創業)

この製品を懇意な目立屋さんから観て頂いたたら、「昔、この鋸を販売していました。非常に硬い鋸でした。」との情報を頂いています。
仕上げは手仕上げで銑で鋤いてあり、薄手の鋸です。

次が中屋米三郎の全体写真です。(これは錆のある方の品です)


次はマチの銘の写真です。


次は目立ての写真です。


現在8寸が2枚ありますが、上の写真は2枚の内の錆びた方を表示しました。もう一枚はほとんど錆びがありません。
8寸少し錆あり(写真の品) 4200円(19/12/10)売り切れ
8寸錆なし        5250円(19/4/27)売り切れ
桐か全藤巻柄のどちらかをお付しますのでご希望をお申し付け下さい。
なお、品代金が5250円以上の場合は送料は当社で負担します。


お問い合わはこちらへメールでお願いします。

両刃鋸のトップへ

ホームページのトップへ