こだわりのいっぴん

佐藤さんのスコ鉋について


廃業後25年経った佐藤さんに残っていた鉋は、ほとんどが返品になった物を手入れし治したものでした。その時に、「ほら、こんな使い方をしていて切れないと言って返すんですからね。」と言われて示された鉋が次の熊次郎の鉋です。

写真を御覧戴くと解るように、頭のまくれを見れば叩き方が、刃を見て頂けば研ぎ方が解り、どんな使い方をしたかが想像出きると思います。


佐藤さんは、これらの返品になった鉋を全て丁寧に修復されて大切に保管しておられました。長さこそ短くなったものがありますが、ほとんどが新品に近く仕上げられています。
  (お客さんから、古い鉋を佐藤さんのように仕上げ直ししてもらいないか?というお問い合わせを頂きます。
   それで上の熊次郎を初弘に頼んで仕上げなおしてもらいました。写真をクリックすると直したものを御覧頂けます。)
廃業後に、「どうしても貴方の鉋が欲しい。」と言われて販売したものが結構あるそうですが、最後に残っていた製品を全て購入して来ましたので順にご紹介したいと思っています。

佐藤さんについてはこちらを御覧下さい

ネットで何回もお買い上げ頂いているお客様がおられまして、この度、佐藤さんの鉋その3を(アップしない前に)お買い上げ頂きました。
それで、お使いになってからご感想を下さるようにお願いしていましたら、早速、次のようなご返事を頂き、ご了解を頂きましたのでご紹介します。
   佐藤さんの鉋、研いでみました。

   金井さんの鉋に負けない切れ味です。
   まだ天然砥石にのせる前の段階で米ヒバを削りましたが、さすがに良く切れます。
   刃先は顕微鏡で見ました所まだ研ぎ込みが足りない状態でした。その画像を添付致します。

   次が5ミクロンを表示しいるその写真です。


   研ぎ込んで台を直せばもっと切れると楽しみにしております。
   これだけ切れ味が良ければ尚更1枚刃で使ってみたいものです。

  注: 実は、一枚鉋のご希望を、私共の手違いから二枚刃仕込みでお送りしてしまったのです。
   しかしながら、「刃先は顕微鏡で見ました所まだ研ぎ込みが足りない状態でした。」でこれですから、合砥で完全に合わ
   せたらどうなるか、大変興味があります。

   ちなみに本日使った砥石はベスター2000、5000番クラスのハーフ砥石、エビ8000です。
   (鋼がピカピカになりました。も作さんのスウェ−デン鋼に似た感じです。研ぎ易いと言う事です。)

   私もいろい鉋を試して使っており、昔の東郷レイ号、玉鋼が一番切れると思っていましたが、金井さん、佐藤さんの
   青紙は別格です。
   
   値段と切れ味の比例からみても群を抜きます。

   スウェ−デン鋼や白紙が流行る中、改めて青紙の本当の切れ味がわかる鉋です。

   私もまだまだ未熟者ですが、私が試した中では総合評価が高いです。
   以前、親方と削ろう会の話をしていた時の事ですが、親方曰く「素敵な会で旨い職人も沢山おるだろうが、削ろう会に
   参加していない名人が沢山おるぞ。」と言っておられました。
  
  以上のように、青紙に絶大な信頼を置いておられることが窺がわれます。
  そして、最後に次のように書いておられましたが、心熱き職人さんを感じております。(私もこの番組は見ていました)

   話は変わりますが昨日NHKのプロジェクトXで桂離宮の修復をやっておりましたが、感激して涙が出ました。

   詳しいデータをお送り頂き、公開を快くご了解下さいました事に心からお礼申し上げます。
次の写真をクリックすると佐藤さんの鉋の売り物を御覧戴けます。



お問い合わせとご注文はこちらへメールでお願いします。

鉋のトップへ

ホームページのトップへ