こだわりのいっぴん

セラミック砥石

砥石は天然の優れたものが最高といわれますが、今では採りやすい所からは取り尽くされて、深い場所にしかないため採算が合わなくなり、ほとんどの産地で採石が中止されています。
但し、良い石なのに砥石として使えない小型なものなら良い素材は沢山あります。
これを粉末にして焼き固めたものが合成砥石なのですが、理想的に焼けば天然に近い性能がでるはづです。ところが、焼き固める時には砥石の粉末だけでは固まらないため、ボンド(練り物)を混ぜて焼き固めるのですが、こうして焼くと、大切な砥石の粉末よりもボンドの方が硬くなってしまい、天然の良い粉末が埋没して性能が発揮出来ませんでした。

シグマパワーのセラミック砥石というのは、新しいセラミック技術で開発したボンドを使って製作したということで、これを使って焼くとボンドが出しゃばらないで縮むように縮小して、天然素材の粉末の良さが最大限に発揮されるようになるのです。

砥石は天然・合成にかかわらず全て石ですから、広い意味で全てセラミックに含まれますので、どの砥石メーカーも、うちの砥石はセラミックですと言っても間違いではないのですが、このシグマパワーがいう「セラミック砥石」と言う意味は以上のような意味なのです。

要するに「新しいセラミック技術で開発されたボンドを使っている」という意味です。
ですから、大変性能が良く、よくおろします。特に、中砥が良く売れます。



次をクリックすると各品番の拡大写真と価格をご覧いただけます。

シグマパワー「セラミック荒砥#120」
シグマパワー「セラミック中砥#1000硬口」
シグマパワー「セラミック中砥#2000硬口」
シグマパワー「セラミック仕上砥#8000」
シグマパワー「セラミック仕上砥#10000」


お問い合わせとご注文はこちらへメールでお願いします。

砥石類のトップへ

ホームページのトップへ